第2部 スピリチュアリズムの霊的知識と教え

第一部では、フォックス家事件から始まるスピリチュアリズムの歴史を見てきました。初期のスピリチュアリズムは、驚異的な心霊現象と近代心霊研究を中心として展開してきましたが、その近代心霊研究の中で、最も重要な心霊現象が「霊界通信」でした。

世間には、「死んで帰ってきた者など一人もいないのだから、死後の世界のことなど分かるはずがない」と、いかにも常識的でもっともらしいことを言う人が多くいます。しかし、そうした主張には何の根拠もありません。それは自分なりの狭い経験から導き出された一方的な言い分にすぎません。第一部を通して読んでくださるなら、そうした見解がいかに浅い考え方であるのか、分かっていただけるものと思います。

スピリチュアリズムは多大な犠牲を払って、最終的に「霊界通信」という死後の世界の様子を知る最も強力な手段を提供しました。人類は、このスピリチュアリズムの霊界通信のお蔭で、死後の世界の様子を正確に知ることができるようになりました。

さて、この第二部では、高級霊の霊界通信によって明らかにされた霊的事実・霊的知識を学んでいきます。第一部ではスピリチュアリズムの歴史を扱いましたが、第二部ではスピリチュアリズムの思想を取り上げます。スピリチュアリズムの思想の中から、「人間観」「死生観と霊魂観」「死後の世界観」といった霊的思想のエッセンスを中心に見ていきます。

スピリチュアリズムの思想とは、信頼できる高級霊の霊界通信、特に“世界三大霊訓”の中に示されている内容のことです。優れた霊界通信では、重要なテーマに関する見解は完全に一致しています。ここではそうした高級霊界通信に共通する内容をベースとして、スピリチュアリズムの霊的真理・霊的知識を示しています。“スピリチュアリズム”によってもたらされた霊的真理・霊的知識は、地上のすべての宗教の土台となるものであり、地球人類にとって最高の叡智なのです。

ホーム

はじめての方へ

トップ