霊訓〈完訳・上〉

本書の情報

  • The Spirit Teachings
  • ステイントン・モーゼス(著)
  • 近藤千雄(訳)
  • 平成10年5月1日発行
  • 225ページ
  • ISBN:978-4-901627-07-8

本書について

霊界側と、霊媒の牧師モーゼスとの激しい論争の中から、教訓的な内容を選びまとめたもの。スピリチュアリズム史上、第一級の霊界通信で“霊訓(霊の教え)中の霊訓”“スピリチュアリズムのバイブル”と言われています。

霊訓(完訳・上)、霊訓(完訳・下)は、1985年に国書刊行会から出版され、その後絶版となっていた『世界心霊宝典』全5巻の一冊「霊訓」の本文に加筆訂正を施した復刻版。

目次

各節の内容

  • 序論
    • 自動書記について
    • 文体の特徴
    • 通信霊について
    • 通信が来る時の状況
    • 霊媒による脚色の問題
    • 霊媒が意志を行使できる限界
    • インペレーター霊の使命
    • 著者モーゼスの意図
  • 1節
    • 新しい霊的真理普及の時代
    • これを阻止せんとする勢力の存在
    • 神の啓示
    • その進歩的連続性
    • 人間による歪曲
    • 破邪と顕正
    • 背後霊とは
    • 地上に戻ってくる霊
    • 邪霊集団とその働き
    • 悪とは
    • 地上時代の性格の存続
    • 個性の発達
    • 死後その霊性に相応しい境涯に落着く
    • 悪魔
  • 2節
    • 真の博愛主義者
    • 真の哲学者
    • 永遠の生命
    • 善と悪との葛藤
    • 戦死霊、自殺霊、死刑霊の影響
    • 犯罪人の扱い方の問題点
    • 集団収容と絞首刑の弊害
    • 更生を目的とした処罰
    • 死刑は復讐心を増幅させる
    • 神の認識の誤り
    • 慈悲と愛
    • 新しい霊的福音の必要性
  • 3節
    • 筆記の激しさによる著者の頭痛
    • その説明
    • 現行法律の欠陥
    • 霊的知識の欠如
    • 地縛霊
    • 早世した霊の得失
    • 体験と試練の必要性
    • “動”の世界と“静”の世界
    • 宇宙の内的世界の分類と地上生活の位置
    • 悪の世界への堕落
    • 極悪霊のたどる運命
    • イエスの述べた“赦し難き罪”とは
  • 4節
    • 作曲家アーンに関する詳細な記述
    • 霊の情報入手方法
    • その実験
  • 5節
    • 霊的能力の種類
    • インスピレーションを受けるための条件
    • ドグマと偏見と懐疑と不安が難敵
    • イエスに見る理想の人間像
    • 人間に完全は不可能
    • 瞑想のための魂の個室を設けよ
  • 6節
    • ダービーによる悪影響
    • 祭日の功罪
    • 通信を可能にする条件と不可能にする条件
    • 極端な節制の弊害
    • 中庸こそ大切
    • 死後の結婚の絆
    • 進歩の法則と親和力の法則
    • 通信内容に矛盾の生じる原因
  • 7節
    • 新プラトン主義
    • スーフィズム
    • 霊的真理の普及を妨げるもの
    • 似非神学者
    • 似非科学者
    • 先入的ドグマによる偏見
    • 宗教の名に値するもの
    • 理性こそ最高の指針
  • 8節
    • 著者の信仰上の遍歴
    • 宗教の二面性
    • 神とは
    • 神と人間
    • 理性なき信仰
    • 派閥主義
    • 賞と罰
    • 神の絶対的公正
    • 神は哀れむが情けはかけず
    • 人間としての生活規範
    • 神と同胞と自己への責務
  • 9節
    • 著者の反論
    • 宗教的夾雑物
    • 贖罪説について
    • 再び著者の反論
    • 署名に十字架を冠する理由
    • バイブルは人間的産物
    • 字句に絶対性はあらず
    • 神の概念の発達
    • 啓示の信頼性は霊媒の受容度による
    • バイブルは誤謬だらけ。故に新しい霊的啓示と衝突するのは当然
    • 霊団による思想上の指導方法
    • 十字架の真の意味
    • キリストの使命と霊団の使命は同一
  • 10節
    • 再び著者による反論
    • 回答
    • キリストが受けた反論との比較
    • 新しい真理は反撃に遭う宿命をもつ
    • 神学的ドグマの誤りの指摘
    • 宇宙は不変の摂理に支配される
    • 真理探求と向上の中に真の幸福がある
  • 11節
    • 霊団による著者への支配の強化
    • 著者によるキリスト教の弁護
    • 回答
    • 正直な疑問は無批判の信仰に勝る
    • 絶対的証拠にも限界
    • “果実によって木を知るべし”
    • 人間的見解は無価値
    • 宗教は単純素朴なもの
    • 真理は一個人一宗教の占有物にあらず
    • アテノドラスからアキリーニに至る真理の系譜
    • 霊同士の見解の相違は説き方の相違
    • 霊団による段階的思想操作
    • インペレーター霊団は神の計画遂行のために派遣された多くの霊団の一つ
    • 啓示の源は一つ
    • 神は真理を提供するのみ
    • その諾否は各自の理性的判断と自由意志に任される
    • イエス・キリストの位置づけ
  • 12節
    • 著者の苦衷と不信
    • 回答
    • 根源的過ちは神と人間との関わりについての誤解
    • 悪魔
    • 邪霊は自らが招く
  • 13節
    • 再び著者の反論と苦衷の開陳
    • 回答
    • 忍耐と祈りの必要性
    • 祈りとは
    • 霊側から観た祈りの効用
    • インペレーター、著者を叱咤する
    • 死せる過去より生ける未来に目を向けよ
    • 新しい真理に対する世間の態度
  • 14節
    • 目に見えざる師を信ずることの困難さ
    • 知的難問との葛藤
    • 著者がたどり着いた結論
    • スピリチュアリズムに関する著者の見解
    • 回答
    • “スピリチュアリズムは神の声”
    • 交霊は科学を超えた法則が支配
    • 霊媒の管理の不徹底
  • 15節
    • スピリチュアリズムの宗教性
    • 絶対的真理は存在せず
    • “最後の審判”は無し
    • 罪はそれ自らの中に罰を含み、犯した瞬間より責任を求める
    • キリスト教的天国地獄観を論駁
    • 交霊現象に関する誤解を正す
    • 悪とは
    • スピリチュアリズムは地球規模の啓示
  • 16節
    • これまでの霊信の総括
    • 恐怖を吹き込む教義は魂を萎縮させる
    • 宗派の別は些細な問題
    • どの宗教にも真理と誤謬が混在する
    • 真理を独占する宗教は皆無
    • キリスト教神学は諸悪の根源
    • キリストの福音は生命の不滅性の証明
    • それが宗教の根幹
  • 17節
    • 著者の不満と要望
    • 拒絶とその理由
    • これまでの霊訓の復習
    • 著者に反省を求めるために霊団の一時総引き上げを示唆
    • 数学的正確さをもつ証拠は提供不可能
    • キリストの“私と父は一つである”の真意
    • 著者の旅行先での霊信
    • 性急な要求は事を損ねる
    • 猜疑心の及ぼす影響
    • 著者の忍耐と理性的判断を重ねて要請

ホーム

はじめての方へ

トップ