第7章 人間の運命について

人間である以上、誰もが幸せな将来を願います。そして自分の運命に大きな関心を持っています。古来よりさまざまな占いが存在してきたのは、「運命を知りたい!」という人間の強い願望があったからです。現在でも多くの人々が、占いやおみくじに関心を寄せています。

一方、宗教でも人間の運命が重要なテーマとされてきました。その中にはルターのように“救われる人間と地獄に堕ちる人間を、神がすでに決めている”というような極端な宿命論(予定論)を説く者も現れました。

ここではスピリチュアリズムが明らかにした画期的な「運命論」を学んでいきます。

ホーム

はじめての方へ

トップ